東大和の『あおぞら整体院』院長のブログ【幸せを呼ぶ!健康生活のススメ☆】

東大和市「あおぞら整体院」の院長がつづる、本当の健康とキレイを手に入れて、幸せな人生を歩く方法。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金は無いけど、食い物はある

こんにちは。渕脇です。

今日も、メルマガのバックナンバーです。
もし、よろしければ、登録してくださいね。

★★--------------------------------------------------------
平成22年4月6日                 発行部数246部

      【幸せを呼ぶ!健康生活のススメ☆】  第122号!
        
       今日のお題「金は無いけど、食い物はある」 

              by  健康プロデューサー ふっちー 
---------------------------------------------------------★★
★健康の定義(WHO)--------------------------------------

 「完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、
  単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」

★健康を手に入れる手順---------------------------------------

 【ステップ1】健康になろうと決心する!

【ステップ2】健康の3本柱を立てよう

      ※ふっちーのおすすめ
       【運動】ウォーキング
       【栄養】和食を腹八分
       【休養】早く寝る

 【ステップ3】出来ることから始めよう!

 【ステップ4】「快」の感覚を大切に!

 【ステップ5】サボってもいいから、やめない!

-------☆☆☆☆ ココからが今回の記事です!  ☆☆☆☆-----

 こんにちは!
 ふっちーでございます!

 これまでの経緯を知りたい方は、バックナンバーを読んでくださいね。
 http://archive.mag2.com/0000279143/index.html

■無職の状態で、

 「お嬢さんと結婚させてください。」

 と、とんでもない事を言い出した私。
 それに対して、彼女のお父様は、

 「本人が決めることですから。」

 と言って下さった。
 なんとも有り難いお話。

 とりあえず、やらなければならない事は終わりました。
 
 で、まあ、当然のことなんですけれど、
 まあ、一杯やろう。ということになるわけですよ。

 お義父さんは、普段はとても無口なんですけどね、
 飲むと、人が変わったように良くしゃべるようになるんです。

 お義母さんや、彼女にとっては、
 「また始まった。。。」

 という感じなのですが、
 私にとっては面白い話が多くて、感心して聞いていました。

■そして、話が盛り上がってきた頃に、
 お義父さんがポロっと、こう言ったんです。





 「まあ、食えなくなったら、うちに来ればいいよ。
  ここには金は無いけど、食いもんはあるから。」





■嫁さんの実家は、長野県の木島平村というところで、
 農家民宿を営んでいます。

 近くにはスキー場があって、冬はスキー客でにぎわいます。 
 
 お義父さんは、農協の職員で、
 当時は定年退職して、嘱託職員として働いていました。

 要するに、兼業農家+スキー民宿という感じなのです。

 ですから、自分のところで食べる分のお米と野菜を作って、
 アスパラガスは出荷していました。

 そんな訳で、確かに食べ物は豊富にあります。

■「金は無いけど、食べ物はある。」

 都会の教師の家で育った私には、衝撃的な言葉でした。

 サラリーマン家庭もそうだと思いますが、
 何のために一生懸命働いて、お金を稼ぐのか。
 といえば、

 「そのお金で食べ物を買うため」

 ですよね。

 生きて行く上で絶対に必要なものは何か、
 と問われれば、それは、

 「食べ物。」

 ですよね。    

 生きて行くためには、お金が絶対に必要だと思っていたのですが、
 実は違ったんですよ。

 そのことに気がついてしまいました。



 そうか、食べ物があれば、お金は要らないんだ。。
 農家、恐るべし。。



■私が会社をやめる時に、彼女が言っていた言葉を思い出しました。

 私「会社を辞めて、食っていけるかどうか心配なんだ。」
 
 彼女「あのさあ。今の日本で、飢え死にしたって話、
    あんまり聞かないよね。」


 彼女のあの発言は、
 こういう環境で育ったからこそ出てきた言葉なのではないか。

■誤解の無いように補足しておきますが、
 農家だって、お金が必要なことくらい、わかっています。

 でも、もし、日本の経済が破綻して、日本中に失業者が溢れても、
 土地を持っていて、作物をつくっていれば、
 何とか自分の命だけは、つなぎとめられる。 

 最後の最後、ぎりぎりの状態になったときには、
 食べ物を生産しているって、強いんじゃないかなあ。

 そんな事を考えました。

■日本の食料自給率の低さが、最近、良く話題に上ります。
 これは、実は深刻な問題だと思うのです。

 実際に、リーマンショックの後、世界的に穀物の値段が急騰して、
 それによって、大変深刻な状態になった国は沢山ありました。

 日本は、お米に関しては、輸入に頼っていないので、
 あまり深刻な問題になりませんでしたが、
 
 それでも、小麦や大豆などの値上がりは話題になりましたよね。

 主食であるお米が、輸入に頼っていたら、
 大変なことになっていたでしょう。
 
 そこが、「食糧問題は、国防にかかわる問題だ。」
 といわれるゆえんなのです。

■食べ物が沢山あると、なんだか豊かな気持ちになります。
 朝、畑に行って必要な野菜を採ってきて、
 それをすぐに調理して食べる。

 都会育ちの私には、とても贅沢な食事に思えました。 

■視点を変えれば、違ったものが見えてくる。
 改めて、そう思いました。

 
■まとめ

 お金よりも、食べ物のほうが大事。
 第一次産業。侮るなかれ。


★編集後記-----------------------------------------------------

 本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 今はもうやっていませんけれども、
 私が大好きなテレビ番組に、

 「銭形金太郎」
 http://utun.jp/3ar

 というのがありました。

 ビンボーな人を取材して歩く番組だったのですが、
 その中に、自給自足を楽しんでいる人たちが沢山登場しました。

 自分で畑を耕し、海で魚を採ってきて食べる。
 お金はちょっとしか掛からない。

 その食卓がまた、結構贅沢なんですよ。

 結構あこがれて見ていました。

 まあ、実際にやるのは大変だとは思いますけどね。
---------------------------------------------------------------


■自分の体のことで、解らない事があったら、専門家に相談しましょう!

 医師や、接骨院、マッサージ師、鍼灸師、
 整体師やパーソナルトレーナーなど、
 信頼できる人を見つけましょう!

 東京都東大和市のお近くにお住まいの方、
 ぜひ、あおぞら整体院をよろしくお願いします。

肩こり・腰痛・O脚・骨盤矯正・ダイエット指導なら、
東大和市のあおぞら整体院
 

あおぞら整体院に働く仲間のブログ【あおぞら日和】


ツイッターやってます→過去のつぶやきはこちら

★ランキングに参加しています!
 ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト

| メルマガ | 16:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。