東大和の『あおぞら整体院』院長のブログ【幸せを呼ぶ!健康生活のススメ☆】

東大和市「あおぞら整体院」の院長がつづる、本当の健康とキレイを手に入れて、幸せな人生を歩く方法。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

原発日雇い労働者の被曝の実態

こんにちは。渕脇です。

南相馬市に行ってきたこともあって、ますます、原子力発電が気になるようになりました。

そんな中で、ぜひ、皆さんに見てもらいたい動画を見つけましたので、ここに貼り付けてみようと思います。

原子炉は定期的に検査をします。
その際、実際に労働者が原子炉内に入って、放射線物質で汚染された原子炉の清掃や、各部品を解体して、洗浄などを行っています。

その際に、労働者達は、どうしても被曝してしまうのです。

実際にその労働に携わるのは、下請け会社が集めてきた日雇い労働者達です。
その労働者達の中には、ガンなどの病気にかかり、労災認定を受けている人も多くいます。

原子力発電によって大量に発電された電気を、湯水のごとくどんどん使う便利な生活は、
このような人々の犠牲の上に成り立っていたのです。

今こそ、この発電方法を見直すべきなのです。
もはや、便利な生活は手放せない、経済に打撃があるなどと言っている場合ではありません。

誰かの犠牲の上に成り立つ文明社会など、本物の文明社会ではありません。

日本は次のステップに移行しなければならないのです。
犠牲になる人がいない社会を構築する必要があると思いませんか?



スポンサーサイト

| 日々雑感 | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。